第5回 ペアレントトレーニングについて体験してみよう
2024年09月07日開催

第5回 ペアレントトレーニングについて体験してみよう

開催日時

2024年09月07日(土) 10:00〜16:30

定員

会場60名

会場

会場(大阪府教育会館たかつガーデン)

講師

土屋 徹

受講費用

会場:10,000円(税込)

申込締切

2024年09月02日(月)

厚生労働省の発達障害者支援施策に「発達障害児者及び家族等支援事業」があり、この事業の一つである「家族のスキル向上支援事業」では 、保護者に対するペ アレント・トレーニング( ペアトレ)やペアレント・プログラム(ペアプロ)の実施等が勧められています。

放課後等デイサービスや児童発達支援の中での「保護者支援」の一つの方法として、ペアレントトレーニングをすでに実施していたり、導入を検討されている事業所も増えてきています。
また、令和6年度の改正では家族支援の中にグループでの実施が明示され、その中ではペアトレの実施が想定されています。

そこで、今回の研修では、「ペアレントトレーニングの仕組みについて」体験を通して学びます。

保護者への支援の中で支援者が「ペアレントトレーニングを実践する」前に、ペアレントトレーニングは何のためにするのかについて学び、どんなものなのか、どういう効果があるのか、自分で体験をします。

ペアトレの理論がわかれば、支援者の育成のためにティーチャーズトレーニングについても実施できます。

1度の受講では実施は難しいペアレントトレーニングですが、繰り返しの受講でイメージができるようになり、事業所で実施し始めている方もいます。
まずは、ペアトレって何かを知るために受講をお勧めします。
この講座は、「自分でやってみる、取り組んでみる」ことを目的としているため、ZOOMでの受講は設定しておりません。

またこの講座は、ペアレントトレーニング実践者(ペアレントトレーナー)養成研修の「第2回」となります。

※令和6年度OneLittleStep方式ペアレントトレーニング実践者養成研修の受講生が増えた場合には、この講座の受講人数が減る場合があります。

※16:00~16:30は質疑応答の時間となっています。質疑応答がない場合、早く終了する場合があることをご了承ください。

講師

講師:土屋 徹

精神科病院で15年看護職。国立精神神経センター、精神保健研究所、研究員として10年学び、現在「フリーランス ナース&ソーシャルワーカー」として活動中。3つの精神科クリニックの他、大学や専門学校の非常勤講師、施設等でスーパーバイザーを行いながら、日本各地で研修を行っている

前回受講者の声

○ペアトレは保護者と本人が笑顔になれる方法を検討すること、また、日々の支援、関りで叱ることがダメではなく、叱った後にどのようにフォローしたり、どのように褒める場面を設定していくかが大切であることが理解できました。
○お話の内容が楽しいと感じられることが多く、惹きつけられました。資料以外の実体験に基づく内容があり、より想像しやすい内容でした。
○ペアトレで取り組めばいいことや、子供の感覚に対する褒め方、促し方をよく理解できました。
○繰り返して何度も研修やグループワークなどをしないと、学んだことが薄れていくような気がするので、定期で開催されるといいな、と思います。